投資の種類

投資には様々な種類があります。
不動産において投資の失敗リスクを抑える為に、知識と情報を十分に集める事が挙げられます。
まず、不動産の種類をよく知る事が、失敗リスクを抑える為の第一歩です。
不動産投資の対象となるのは一般的には区分マンションや1棟アパート、戸建てなどがあります。
最近では、シェハウス投資や駐車場投資、また地方分散投資などの話題も良く耳にするようになってきています。

区分マンション投資とは、分譲マンションにおいて、その一部屋を購入して賃貸用にするという方法です。
この方法の良い所は、管理や修繕といった事に関しては管理会社に任せる事が出来るので、初心者で大きな失敗をしたくない人や管理に手間を掛けたくないというタイプの人が購入すると言われています。
共用部分の修繕について急な出費がない事や、一区画だけの購入という事で、複数拠点に散らばって投資する事でリスク分散しやすい面が失敗の少ないと言われる所以です。

1棟マンション投資とは丸々1棟のマンションを購入して運用していく方法です。
そもそもマンションとは本来は高級住宅という意味ですが、投資をする上の用語としては集合住宅として、4階以上あり、鉄筋コンクリート製のものだという認識で広まっています。
この1棟マンション投資は、不動産投資の中では少し失敗リスクの高い投資と言えます。
失敗リスクが高いというのは、物件金額が数億円と高額になってしまうことが第一に挙げられます。
購入時の手持ち資金がある程度必要な不動産投資なので、失敗リスクを恐れる人には向いていないとも言えます。
しかし、その特徴として、得られる収益の多さはなかなかのもので、不動産によっては非常に良い投資になる事があります。

戸建投資とは、読んで字のごとく、一戸建ての家を購入して、それを不動産投資として賃貸物件にする事です。
失敗リスクも伴いますが、将来的な事を考えて一戸建てにする人も少なくありません。
この一戸建てを担保として、金融機関から融資を引くことも可能な事、また自宅用として後々利用する目的で購入する場合もあります。
そのような観点から見れば、失敗の少ない投資とも言えます。
万が一マイナスを出すことになっても、後々住むことを想定し、利用する事を考えれば失敗とは言えないからです。
その他にも様々な不動産投資の方法があります。
失敗しない投資をする為には、知識と情報をしっかりと集める事が大事です。